医療レーザー脱毛 サロン 違い

医療レーザー脱毛とサロンの違いとは?

クリニックでのレーザー脱毛とサロンでの光(フラッシュ)脱毛。どちらも黒い毛に反応する光を当てて、毛根にダメージを与えて毛が生えないようにするという点ではだいたい同じ仕組みです。

 

ただし、永久脱毛とうたえるのは医療レーザーだけで、サロンでの脱毛は減毛とか不再生脱毛といった表現になります。

 

医療レーザー脱毛が行なえるのは医療機関や専門のクリニックだけで、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーといった、よりパワーのある機械を使って出力の高いレーザーを当てるため脱毛の効果も高いとされています。

 

一方サロンでの光脱毛は、IPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる機械などを使っています。

 

医療レーザーに比べると出力は弱いものの、一度の照射で広範囲に光をあてることができるので、同じ脇でも施術にかかる時間は短くて済みます。

 

痛みに関してはより出力の高い医療レーザーの方が強い痛みを感じる人が多いようですが、医療機関なので耐えられない人には麻酔の用意があるところもあるようです。

 

サロンでの光脱毛の場合は、照射する光の出力も弱いため痛みも少なく、全く平気な方もいるようですので、特に痛いのが苦手な人には向いているといえるでしょう。

 

脱毛の効果は医療レーザーの方が少ない回数(5~6回)で1年から1年半ほどで完了する場合が多く、サロンの場合は回数も多く(10回以上)、期間も1年半から2年以上かかる場合もあるようです。ただし費用は医療レーザーの方が高くなります。

 

高くても良いから確実に短期間で脱毛したいならクリニックでの医療レーザー脱毛、少し時間はかかっても費用を安く抑えたい人はサロンでの脱毛といった選び方すると良いかもしれませんね。

 

特に脱毛サロンは低価格のキャンペーンをやっていることがあるので、そういったキャンペーンを上手に使うと、かかる費用をかなり安く済ませることができます。あるいはやりたい部位ごとにサロンとクリニックを使い分けるという方法もあります。

 

少ない回数で済ませたいからVIOだけはレーザー脱毛、逆に痛いのがイヤだからVIOだけはサロンでの脱毛といった風に、自分に合った選び方をするのも一つの方法です。